far beyond
Return Next page
 

Guest Artists
spmb_projects [Karen Shanski and Eduardo Aquino]
spmb_projects 「カレン・シャンスキー&エドワルド・アキノ」

spmb_projects [Karen Shanski and Eduardo Aquino]  spmb_projects 「カレン・シャンスキー&エドワルド・アキノ」 AS MANY DESIRES

Can things take on a face? Is not art an activity that lends faces to things? Does not a façade of a house regard us? Emmanuel Levinas

Located at the heart of Sã Paulo, one of the world’s megacities, the Copan is a masterwork of Brazilian Modern Architecture by architect Oscar Niemeyer, an unusual experiment that in great part works. Five thousand people live in the Copan today. The facilities at the lower floors include parking, public passageways, cafes, restaurants, video arcades, clothing and grocery stores, barber shop, dresser, pizza parlours, offices, a church (previously a movie theatre), etc., making the building virtually self-sufficient - a vertical city. The residential sections extend to the 32nd floor and range from small studios to four bedroom apartments, creating a complex social fabric. There is a rooftop terrace that is not accessible at the moment. The façade presents a fascinating undulating rhythm, making the building mass move simultaneously forward and backward, between appearance and disappearance. The Copan has become an icon for Brazilian Modernism and a symbol for the city of Sã Paulo. In 2004, Karen Shanski and Eduardo Aquino [spmb_projects], in collaboration with Arni Haraldsson and Tony Brown spent the year as artists in residence at the Copan. AS MANY DESIRES became one of the projects developed while living in the building.

Then I felt it was impossible to stop the past as a total photography, an eye that sees everything at once (only maps give this illusion: when looking at them we have the impression of being befors?e something that sees from above, therefore seeing everything and knowing everything; but the map of the city, this urban/geographic totalising mode is the city of places, cold, frozen, that has little to do with the real city of its inhabitants). Raquel Rolnik

The most typical representations of the Copan Building in São Paulo are seen through postcards that multiply in large numbers on newsstands throughout the city. Such representations value exclusively the building as an autonomous object. Often seen from the air, the building is dissociated from the image of the people who give life to it. Realized in October of 2004, in th e mezzanine of the Copan, this performance project had the intention to comment and revise the postcard as a vehicle of popular representation. A photo studio was set up where a free portrait was offered to all the inhabitants and workers of the Copan. 300 people came and participated in the project. The portraits were then digitally mounted onto iconic images of the Copan chosen by each participant from a catalogue. The postcards were printed and given to each respective participant.

spmb_projects, April 2006
同じ数だけある欲望

物事は顔を持つことができるか? アートは物事に顔を与えることのできる活動ではないのか?家の正面玄関はわたしたちを考慮してないのか?
‐エマニュエル・レヴィナス‐

世界一の巨大都市のひとつであるサンパウロ市の中心部に建つ「コパン」は、建築家、オスカー・ニーマイヤーが設計した、常識を超えた実験性を持ち備えたブラジルの近代建築の傑作である。現在は5000人が住んでいる。下層階にある、駐車場、公共通路、カフェ、レストラン、ヴィデオ・アーケード、衣類や食品店、床屋、美容院、ピザ・パーラー、事務所、教会(以前は映画館として使用)などなどの施設を持ったこのビルは、ほぼ仮想的には自給自足した、垂直な都市のようになっている。居住部分は、32階まで延び、小さなスタジオから、4つのベット・ルームを持つ部屋までさまざまなタイプがあり、入り混じった社会層を作り出している。 屋上があるが現在は立ち入り禁止である。正面ファサードは、魅力的な波状のリズムを描き出し、ビル自体に、前後や存在と消滅を同時に示すような大きな動きを与ている。コパンは、ブラジル近代化のアイコンになり、またサンパウロ市のシンボルでもある。2004年にカレン・シャンスキーとエドワルド・アキノ[spmb_projects]は、アルニ・ハラルドッソンとトニー・ブラウンと共同でその年、コパンにアーティストとして滞在した。ASMANY DESIRES(邦訳:同じ数だけある欲望)は、このビルに滞在中に行ったプロジェクトのひとつである。
s?
そして私は、眼はすべてを一瞬にして捕らえるように(地図だけがこの幻想を与えてくれる:これを見たとき私たちはまるで上空から何かを見ることができたような印象を持ち、そしてすべてを見て、理解したような気になるが、その街の地図は、この都市・地形、統合的なモードは場所の街であり、冷たく凍った、そこに人々が生活する実際の街に対してはほとんど何もできない)、ひとつの写真として過去をとめることは不可能だと感じた。
‐ラクエル・ロルニック‐

ほとんど典型的なコパンビルの外観は、街中のキオスクなど売っている絵葉書の中に見いだすことができる。このような、イメージのほとんどは、建物をひとつの自立した物体のように価値付けている。よく見られる上空からのイメージなど、建物が、そこに住み、(建物に)命を与えている居住者と関わりないものである。2004年10月に、このことに気がつき、建物の中2階をつかって、このパフォーマンス・プロジェクトは、自由にこれらの絵葉書のイメージを逆転させたり、これについて語ったりすることを意図したものだ。 コパンに住んでいたり、ここで働く人々すべての記念写真を撮る、写真館を設置した。およそ300名の人たちが、ここでこのプロジェクトに参加した。そしてそれらの記念写真は、デジタル化し、それぞれがカタログの中から選んだコパンのイコニックなイメージの上に重ね合わせた。絵葉書は、その後それぞれの参加者にプリントして贈呈した。

2006年4月 spmb_projects (日本語訳:原万希子)
Andrew Forster
アンドリュー・フォースター

 
Andrew Forster アンドリュー・フォースター
GERALD
ジェラルド

 
GERALD ジェラルド
Yutaka MATUZAWA
松澤宥

Yutaka MATUZAWA 松澤宥
 


Return Next page